Androidアプリ制作(Java, Kotlin)が学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

Androidアプリ制作(Java, Kotlin)が学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

Androidアプリ制作を学ぶとき,強力な味方になってくれるのがプログラミングスクールです。

ただ,プログラミングスクールはたくさんあるので,どれを使えば良いかわからない方も多いと思います。

そこで今回は,Androidアプリ制作を学ぶときに知っておきたいこと,そして,あなたがAndroidアプリ制作を学ぶ上で強い力になってくれるプログラミングスクールについて徹底解説します。

勉強をはじめるときに知っておきたいこと

いちばん難しいのは継続すること

まず,期待させてはいけないように現実を書くと,勉強をする上でいちばん難しいのは継続することです。

今,この記事を読んでいる方の中にも「ブログを書いたことがある」「ダイエットをしたことがある」という方も多いと思います。

しかし,それをひとりで継続するのは容易なことではありません。

「そんなことない,いつも独学でできている」という方は,継続に関して心配する必要はないでしょう。

一般的に独学層,または自分で勉強しながら知らないところだけを補助的にスクールなどで学べるという人は,全体の1割以下と言われています。

なので,「自分は独学ではできない」「なかなか続かない」と嘆く心配はありません。独学でできる人が少数派なのであって,普通の人は何かしらのサポートがあって当然なのです。

そのためにあるのがプログラミングスクール

そこで,登場するのがプログラミングスクールをはじめとしたスクールです。

ひとりでダイエットするのが苦手な人でも,マンツーマンでレッスンをしてもらえば高確率でダイエットは成功します。同じようにプログラミングもひとりでは「わからない部分がわからない」という闇に陥ってしまうこともありますが,スクールを利用すれば,何がわからないかを丁寧に指導してもらえます。

今はプログラミングスクールが用意したカリキュラムをこなすだけではなく,ひとりひとりの目的(転職に必要など)に合わせたフルオーダーメイドのサービスを行っているところも多いので,ゼロから学びたいというだけでなく,自分が必要なところだけを選んで学習するといった使い方も可能です。

プログラミングスクールに通う目的を決めよう

成功する人:目的を持ってプログラミングスクールに通う人

プログラミングスクールを利用して成功する人(この場合は経済的にがわかりやすいでしょうか)は,目的を持ってプログラミングスクールを利用します。たとえば,「転職したい」「手に職をつけたい」などです。

ただ,これは今の時点では,そこまで明確になっていなくても問題はありません。今の仕事が不安定だから,ITエンジニア(プログラマやWebデザイナー)として転職したい。転職するためにプログラミングスキルを身に付けたいくらいのぼんやりとしたモノが見えていれば良いでしょう。

ここまで見えていれば,実際にプログラミングスクールに入る前のカウンセリングでより具体的に落とし込んでいくことができます(←専門的な部分は思い切り受け身になってしまっても問題ありません)。

失敗する人:プログラミングスクールに通うことを目的にする人

プログラミングスクールを利用して失敗する人は,プログラミングスクールに通うこと自体を目的にしてしまう人です。自分が転職するのか,または趣味レベルで良いのかもわからず,「ただ,プログラミングスクールに通えばなんとかなる」と思っている方は,高い授業料をドブに捨てることになりかねません。

もし,プログラミングスクールに通えば全員すぐに転職できる(もう少し先のビジョンで言うと「高所得になれる」)と思っていたら,それは大きな間違いです。

よく「手段を目的にしない」と言われるように,プログラミングスクールも何をやるために通うのかという目的を決めてから利用するようにしましょう。

Androidアプリ制作を学ぶときに押さえておきたいキーワード

Androidアプリ制作を学ぶときに知っておきたいキーワードをかんたんに紹介します。

Android(アンドロイド)

Androidは,Googleが開発したスマートフォン/タブレットOS(オペレーティングシステム)です。OSとは,コンピュータのオペレーション(操作)を司るソフトウェアです。もう少し噛み砕いて言うと,Android用アプリは,すべてAndroidOSの上で動いていることになります。

これに対するiOSはiPhoneやiPadなどアップルのモバイル製品で使われるOSです。

Java(ジャバ)

Javaは,プログラミング言語です。Webアプリケーションだけでなく,企業で使われる業務システムなどの開発にも多く使われています。現在,もっとも案件が多いプログラミング言語はJavaです。そのため,未経験からプログラミングを学習して転職をするときは,需要が高いJavaを学習することが多くあります。

Android用アプリは,このJavaを使って開発していきます。もっとも,現在はJavaと互換性の高いKotlinを使って開発するのが主流となりつつあります。

一方,iOSでは,Swift(スウィフト)というプログラミング言語を使用します。

このように聞くと,「JavaとSwiftどちらを学ぶのが良いか」と迷ってしまう方もいると思います。

しかし,一生で学ぶスキル(プログラミング言語)はひとつではありません。最初はどのプログラミング言語を選ぶにしても,プロジェクトを進めるにつれて,そしてキャリアを積むに従い,必要なスキルがあれば習得する姿勢が求められます。そのため,最初の時点で何を選ぶかはそれほど慎重になる必要はないでしょう。

プログラミングスクールの上手な選び方

目的に合ったプログラミングスクールを選ぼう

いよいよ,プログラミングスクールを選んでいきましょう。

プログラミングスクールを選ぶときは自分の目的に合ったところを選ぶことが大切です。

結論から書くと,未経験からプログラミングを学習して転職支援が受けようとした場合,たしかにJavaを扱った求人は多いのですが,それは業務システムで使うものが多く,Androidアプリ制作という求人はありません。

もし,あなたがプログラミングを学ぶ目的の最優先が転職支援を受けることなら,上記の求人等を通してJavaを学び,そのあとでAndroidアプリを制作するという順番でも良いでしょう。

一方,「Javaを使ったAndroidアプリ制作の方法を学びたい」という方は,プログラミングスクールを利用する価値は十分にあります。そのあと,「アプリ制作」という実績をもって転職活動をする,またはフリーランスとしてアプリ開発の案件を受注する,もしくはアプリを販売する広告による収益化をすると良いでしょう。

この前提で,Androidアプリ制作が学習ができるプログラミングスクールを分類してみましょう。

  • TechAcademy「Androidアプリコース」
  • CodeCamp「アプリマスターコース」
  • Freeks
  • プログラミングジャパン

「TechAcademy」は,転職こそゴールにしていませんが,カリキュラムのレベルがとても高いので,かなり実用的なスキルが身につきます。レベルが高いというと難しい感じがして不安になる方もいるかもしれませんが,スタートは初心者レベルに合わせているので心配はいりません(僕も実際に受講していました)。

「CodeCamp」はやさしいレベルです。エンジニアとして実用的かというと多少心もとない感じは否めませんが,これをきっかけにはじめるというのにはちょうどよいレベル感と言えるでしょう。Swiftを使ったiPhoneアプリ開発とJavaを使ったAndroidアプリ制作が学べます。

「Freeks」は,Androidアプリ制作に必要なJavaとKotlinが学習できます。Androidに絞っていえば,現時点ではもっともカリキュラムが充実したスクールと言えるでしょう。

いくつか申し込み後,合っていると感じたところで本契約

なんとなく,プログラミングスクールの目星がついたら,実際にいくつか申し込んでみましょう。実はこれが大切だったりします。なぜかというと,文章や公式サイトの雰囲気,評判・口コミだけでは,どうしても「自分に合っているのか?」という個々の事情までは測れないからです。

そのため,各種プログラミングスクールでは,契約前に無料カウンセリングや体験学習ができるようになっています。費用は一切かからないので,ある程度フィルタをかけて絞り込んだら,2つ3つ気になるプログラミングスクールの無料カウンセリングに申し込んでみましょう。

Kotlinを学習するときに選びたいプログラミングスクール

Kotlinを学習するときに選びたいプログラミングスクール

Kotlinを学習するときに選びたいプログラミングスクールをまとめて紹介します。

TechAcademy:オンラインプログラミングスクール

運営会社 キラメックス株式会社
種類 プログラミングスクール
年齢 不問
(TechAcademy Proは32歳以下)
受講形式 オンライン
受講内容

【プログラミング】
Webアプリケーションコース
PHP/Laravelコース
Javaコース
フロントエンドコース
WordPressコース
iPhoneアプリコース
Androidアプリコース
Unityコース
はじめてのプログラミングコース
ブロックチェーンコース
スマートコントラクトコース
Pythonコース
AIコース
データサイエンスコース
Scalaコース
Node.jsコース
Google Apps Scriptコース
Scratchコース
エンジニア転職保証コース

【デザイン】
Webデザインコース
UI/UXデザインコース
動画編集コース

【マネジメント】
Webデザインコース
Webマーケティングコース

【オフィス】
Excel2013コース

【トレーニング】
HTML/CSSコース
Bootstrapトレーニング
GitHubトレーニング
Photoshopトレーニング

【TechAcademy Pro】
転職保証コース

受講期間 4週間
8週間
12週間
16週間
未経験 可能
転職支援 あり(TechAcademy Pro)
転職保証 転職失敗で全額返金
対応地域 全国
料金 TechAcademy各種コース
社会人:149,000円〜
学生:129,000円〜

TechAcademy Pro
12週間:298,000円

「TechAcademy(テックアカデミー)」は,キラメックス株式会社が運営するプログラミングスクールです。パーソナルメンターが付くオンラインブートキャンプにより短期間でプログラミングスキルが身に付きます。

TechAcademyはAndroidアプリが開発できる「Androidアプリコース」があります。期間内に4つのアプリを作り,オリジナルアプリをGoogle Playに公開します。

Androidアプリコースを見る

CodeCamp:プログラミング個人レッスン

CodeCamp

運営会社 コードキャンプ株式会社
種類 プログラミングスクール
年齢 不問
(CodeCampGATEは20代)
受講形式 オンライン
受講内容

プレミアムプラスコース
プレミアムコース
Webマスターコース
Rubyマスターコース
デザインマスターコース
アプリマスターコース
Javaマスターコース
Pythonデータサイエンスコース
WordPressコース

受講期間 2〜6ヶ月
未経験 可能
転職支援 あり(CodeCampGATE)
転職保証 なし
対応地域 全国
入学金 30,000円
料金 マスターコース
・2ヶ月プラン:148,000円
・4ヶ月プラン:248,000円
・6ヶ月プラン:298,000円

プレミアムコース
・2ヶ月プラン:248,000円
・4ヶ月プラン:348,000円
・6ヶ月プラン:398,000円

プレミアムプラスコース
・2ヶ月プラン:398,000円
・4ヶ月プラン:498,000円
・6ヶ月プラン:698,000円

CodeCampGATE
・4ヶ月:448,000円

「CodeCamp(コードキャンプ)」は,コードキャンプ株式会社が運営する完全オンラインのプログラミング個人レッスンです。現役エンジニアからスキルを学ぶことができます。

CodeCampはiOS/Android両方のアプリ開発を学べる「アプリマスターコース」があります。アプリ開発に必要な環境構築から開発方法まで,実際にアプリをいくつか作りながら学び,自作のアプリ公開を目指します。

CodeCampの公式サイトを見る

Freeks:オンラインプログラミングスクール

運営会社 Y&I Group 株式会社
年齢 不問
受講形式 オンライン
受講内容 PHP
Java
JavaScript
Python
Kotlin
受講期間 -
未経験 可能
転職支援 なし
転職保証 なし
対応地域 全国
料金 月額9,800円

「Freeks」は,Y&I Group株式会社が運営するオンラインプログラミングスクールです。月額9,800円で通い放題,現役エンジニアに質問し放題のサービスが受けられます。

FreeksはAndroidアプリ制作に必要なJavaとKotlinが学習できます。Androidアプリ開発の基礎から上級レベルのスキルまで身につけることが可能です。

freeksの公式サイトを見る

プログラミングジャパン:スマホアプリ開発専門プログラミングスクール

運営会社 株式会社サンクチュアリ
年齢 不問
受講形式 オンライン
受講内容 Swift
Kotlin
受講期間 シルバーコース:1〜2ヶ月
ゴールドコース:2〜6ヶ月
プレミアムコース:7〜24ヶ月
未経験 可能
転職支援 なし
転職保証 なし
対応地域 全国に対応
料金 シルバーコース:248,000円
ゴールドコース:598,000円
プレミアムコース:1,198,000円

「プログラミングジャパン」は,株式会社サンクチュアリが運営するプログラミングスマホアプリ開発専門のプログラミング学習サービスです。未経験者でも学習しやすく35歳以上の生徒の受け入れも行っています。

プログラミングジャパンはAndroidアプリ制作が学べあります。じゃんけんアプリ,ToDoアプリ,計算機アプリなど多くのアプリを実践形式で習得します。

プログラミングジャパンの公式サイトを見る

TechAcademyとCodeCampのどちらを使うのが良いか?

Androidアプリの開発を学ぶとき,TechAcademyとCodeCampのどちらを使うのが良いか迷う方も多いと思います。どちらもオンラインで学習できるので迷ってしまいますよね。

料金体系やサポートについては,正直それほど大きな差はないので割愛します。

ここでは決定的に違うカリキュラムについて補足します。

Androidの開発言語はKotlinが主流になる

これまで,Androidアプリを開発するときに使うプログラミング言語は「Java」が主流でした。しかし,2017年頃から「Kotlin」(コトリン)というプログラミング言語が使われるようになりました。

KotlinはJava言語と100%の互換性があり,かつより簡潔にソースコードを書けるよう仕様が多く取り入れられています。

今後はAndroidアプリの開発言語はKotlinが主流になると考えて良いでしょう。

TechAcademyはKotlinが学習できる

  TechAcademy CodeCamp
Android開発言語 Kotlin Java
カリキュラム オリジナル 書籍ベース
iOSアプリ学習 別コース 同一コース
学習期間 4週間〜 8週間〜
料金 139,000円〜 148,000円〜

TechAcademyとCodeCampではAndroidアプリの開発が学べますが,TechAcademyではKotlin,CodeCampではJavaというように学習できるプログラミング言語が異なります。

また,本記事を執筆している時点では,TechAcademyがオリジナルカリキュラムであるのに対して,CodeCampでは書籍『Androidアプリ開発パーフェクトマスター』を参考に学習します。

ただ,CodeCampは「アプリマスターコース」だけでiOSとAndroidの両OSのアプリが学習できるというメリットがあります。

一方,TechAcademyは「Androidアプリコース」ではAndroidアプリのみしか学習できません(「iPhoneアプリ+Androidアプリセット」を受講すると両OSのアプリが学習できます)。

どちらを選ぶかは好みの問題ですが,iOS/Androidアプリ開発を学習するのなら,個人的にはTechAcademyの方が最新トレンドを押さえていてカリキュラムも秀でている印象があります。

TechAcademyがオススメな人
  • 今後の主流であるKotlinを学習したい方
  • オリジナルカリキュラムで学習したい方
CodeCampがオススメな人
  • Javaを学習したい方
  • iOSとAndroidを安く学習したい方

関連記事

  1. PHPが学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

  2. 【最大56万円】プログラミングスクールで使える「専門実践教育訓練給付金制度」をわかりやすく徹底解説

  3. Unityが学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

  4. 【徹底比較】ウズカレ・ProEnginner・GEEKJOB・ネットビジョンアカデミー・0円スクールなど,未経験からITエンジニアになれる就職支援サービスを比べてみました

  5. 動画編集が学べるおすすめスクール完全まとめ

    動画編集が学べるおすすめスクール完全まとめ

  6. HTML/CSS Webデザインが学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

    HTML/CSS Webデザインが学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ