動画編集が学べるおすすめスクール完全まとめ

動画編集が学べるおすすめスクール完全まとめ

動画編集を学ぶとき,強力な味方になってくれるのがスクールです。

ただ,スクールはたくさんあるので,どれを使えば良いかわからない方も多いと思います。

そこで今回は,動画編集を学ぶときに知っておきたいこと,そして,あなたが動画編集を学ぶ上で強い力になってくれるスクールについて徹底解説します。

勉強をはじめるときに知っておきたいこと

いちばん難しいのは継続すること

まず,期待させてはいけないように現実を書くと,勉強をする上でいちばん難しいのは継続することです。

今,この記事を読んでいる方の中にも「ブログを書いたことがある」「ダイエットをしたことがある」という方も多いと思います。

しかし,それをひとりで継続するのは容易なことではありません。

「そんなことない,いつも独学でできている」という方は,継続に関して心配する必要はないでしょう。

一般的に独学層,または自分で勉強しながら知らないところだけを補助的にスクールなどで学べるという人は,全体の1割以下と言われています。

なので,「自分は独学ではできない」「なかなか続かない」と嘆く心配はありません。独学でできる人が少数派なのであって,普通の人は何かしらのサポートがあって当然なのです。

そのためにあるのがプログラミングスクール

そこで,登場するのがプログラミングスクールをはじめとしたスクールです。

ひとりでダイエットするのが苦手な人でも,マンツーマンでレッスンをしてもらえば高確率でダイエットは成功します。同じようにプログラミングもひとりでは「わからない部分がわからない」という闇に陥ってしまうこともありますが,スクールを利用すれば,何がわからないかを丁寧に指導してもらえます。

今はプログラミングスクールが用意したカリキュラムをこなすだけではなく,ひとりひとりの目的(転職に必要など)に合わせたフルオーダーメイドのサービスを行っているところも多いので,ゼロから学びたいというだけでなく,自分が必要なところだけを選んで学習するといった使い方も可能です。

プログラミングスクールに通う目的を決めよう

成功する人:目的を持ってプログラミングスクールに通う人

プログラミングスクールを利用して成功する人(この場合は経済的にがわかりやすいでしょうか)は,目的を持ってプログラミングスクールを利用します。たとえば,「転職したい」「手に職をつけたい」などです。

ただ,これは今の時点では,そこまで明確になっていなくても問題はありません。今の仕事が不安定だから,ITエンジニア(プログラマやWebデザイナー)として転職したい。転職するためにプログラミングスキルを身に付けたいくらいのぼんやりとしたモノが見えていれば良いでしょう。

ここまで見えていれば,実際にプログラミングスクールに入る前のカウンセリングでより具体的に落とし込んでいくことができます(←専門的な部分は思い切り受け身になってしまっても問題ありません)。

失敗する人:プログラミングスクールに通うことを目的にする人

プログラミングスクールを利用して失敗する人は,プログラミングスクールに通うこと自体を目的にしてしまう人です。自分が転職するのか,または趣味レベルで良いのかもわからず,「ただ,プログラミングスクールに通えばなんとかなる」と思っている方は,高い授業料をドブに捨てることになりかねません。

もし,プログラミングスクールに通えば全員すぐに転職できる(もう少し先のビジョンで言うと「高所得になれる」)と思っていたら,それは大きな間違いです。

よく「手段を目的にしない」と言われるように,プログラミングスクールも何をやるために通うのかという目的を決めてから利用するようにしましょう。

動画編集を学ぶときに押さえておきたいキーワード

動画編集を学ぶときに押さえておきたいキーワード

スクールで動画編集を学ぶときに知っておきたいキーワードをかんたんに紹介します。

Adobe Premiere Pro

「Adobe Premier」(アドビ プレミア)は,Adobeの映像編集ソフトです。業界標準の「Pro」のほか,簡易版にあたる「LE」が用意されています。また,iOS,Android向けの「Adobe Premiere Clip」も選べます。

現在,YouTubeをはじめ,各SNSの動画編集を本格的に行うというときは,ほぼ「Adobe Premiere Pro」が使われているといえるでしょう。

「Adobe Premiere Pro」を利用するときは,単体で利用するより,Adobeのすべてのアプリケーション(Photoshop,Illustratorなど)が利用できる「Creative Cloud」(5,680円)を利用することが多いです。

Apple Final Cut Pro X

「Apple Final Cut Pro X」(アップル ファイナルカットプロ)は,Appleの映像編集ソフトです。iOS向けに「iMovie」も選べるので,

以前までは「PremiereかFinal Cut Proか」と並んでいたように感じますが,最近はAdobeの勢いが強く業界標準になってきている感じも否めません(クリエイティブ系はAdobeがやはり強いです)。

スクールの上手な選び方

目的に合ったスクールを選ぼう

いよいよ,スクールを選んでいきましょう。

スクールを選ぶときは自分の目的に合ったところを選ぶことが大切です。

動画編集を使ったプログラミングで分類してみます。

  • TechAcademy Pro「動画編集コース」

TechAcademyでは,Premiere Proを使った動画編集のスキルが学べる「動画編集コース」があります。

現時点では,動画編集を学ぶならTechAcademy一択になっています。

動画編集を学習するときに選びたいスクール

動画編集を学習するときに選びたいスクール

動画編集を学習するときに選びたいスクールをまとめて紹介します。

TechAcademy:オンラインプログラミングスクール


運営会社 キラメックス株式会社
種類 プログラミングスクール
年齢 不問
(TechAcademy Proは32歳以下)
受講形式 オンライン
受講内容

【プログラミング】
Webアプリケーションコース
PHP/Laravelコース
Javaコース
フロントエンドコース
WordPressコース
iPhoneアプリコース
Androidアプリコース
Unityコース
はじめてのプログラミングコース
ブロックチェーンコース
スマートコントラクトコース
Pythonコース
AIコース
データサイエンスコース
Scalaコース
Node.jsコース
Google Apps Scriptコース
Scratchコース
エンジニア転職保証コース

【デザイン】
Webデザインコース
UI/UXデザインコース
動画編集コース

【マネジメント】
Webデザインコース
Webマーケティングコース

【オフィス】
Excel2013コース

【トレーニング】
HTML/CSSコース
Bootstrapトレーニング
GitHubトレーニング
Photoshopトレーニング

【TechAcademy Pro】
転職保証コース

受講期間 4週間
8週間
12週間
16週間
未経験 可能
転職支援 あり(TechAcademy Pro)
転職保証 転職失敗で全額返金
対応地域 全国
料金 TechAcademy各種コース
社会人:149,000円〜
学生:129,000円〜

TechAcademy Pro
12週間:298,000円

「TechAcademy(テックアカデミー)」は,キラメックス株式会社が運営するプログラミングスクールです。パーソナルメンターが付くオンラインブートキャンプにより短期間でプログラミングスキルが身に付きます。

TechAcademyは「動画編集コース」があります。Premiere Proを使って実践的に動画編集のスキルを身に付けられます。YouTuberを目指したい方にも適しています。

TechAcademy 無料体験

関連記事

  1. Pythonを学んでAIエンジニアを目指せるプログラミングスクールまとめ

  2. Unityが学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

  3. キャッシュバック,全額返金。転職支援サービスも受けられるプログラミングスクール完全まとめ

  4. iPhoneアプリ制作(Swift)が学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

  5. Ruby on Railsが学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

  6. Androidアプリ制作(Java, Kotlin)が学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ

    Androidアプリ制作(Java, Kotlin)が学べるおすすめプログラミングスクール完全まとめ